スクリーンショット 2020-10-07 22_26_09.webp
iOS の画像 (23).jpg
02_値段.png
ボタン.png
修正データ㈰.gif

ワンマイル(1.6km)圏内を出歩く時にフラっと持って身軽に出かけられる…そんな財布が欲しくて開発を進めてきました!

修正データ㈪.jpg

●近場に出かける時、大きな財布は邪魔になる
●財布とカギをひとつにまとめたい
●基本は現金で会計するため、現金だけ持っていれば良い
●免許証やクレジットカードなどのカード類全般がちょっとした外出時には煩わしい

そこで、お札と小銭、鍵のみの必要最低限を持ち歩く「ワンマイルウォレット」が誕生しました。散歩、旅行先での散策、ちょっとそこまで身軽に行きたいときにピッタリのアイテムです。

detail_28585_16304786096489.jpg
detail_28585_16305673122822.jpg
detail_28585_16305691973760.jpg
修正データ㈫.gif

「ワンマイルウォレット」はミニ財布では珍しいバネ口の小銭入れを採用しています

detail_28585_16305674952248.jpg
修正データ㈬.gif

「ワンマイルウォレット」は、2000円ほどを持ち運ぶ想定でデザインしました。二枚のお札をあらかじめ折っていただき仕舞います。
お札を折る手間は出かける前の一度だけで、いざお札を取り出す際にはホックを開けずに取り出せるギミックを搭載しました。手のひらに収まるサイズ感に、使い勝手を兼ね備えることが出来ました

detail_28585_16309076868934.jpg

【ロロマシュリンク】

浅草の(株)中村千之助商店が製造しているオリジナル牛革を使用。

インディアンジュエリー作家のチャールズ・ロロマの作品からインスピレーションを受けて作られた革で、まるで宝石のような、色彩鮮やかで表情豊かな革です。一般的なタンニン鞣しにかかる期間よりも1.5倍の時間をかけ鞣し、2度もオイルとワックスをたっぷり染み込ませ、さらに表面をワックス仕上げしています。

detail_28585_16309077323468.jpg

【世界で一つだけの経年変化を】

はじめのうちは少しくすんだ色をしていますが、使用していくと宝石のような艶と色味が増します。じっくりと時間をかけて鞣された革は、新品の状態よりも味わい深く変化していきます。使用時についた傷さえも愛おしい思い出にしてくれる、そんな経年変化を楽しんでください。

detail_28585_16309079754929.jpg

【革本来の魅力】

天然素材ならではの風合いを活かした染料仕上げのため、牛が生きてきた時の傷やトラ、しわ、血筋痕などがありますが、あえてそれらを避けずに裁断しています。それは、生きていた牛の皮をできる限り使い切り、革を財布に活かすことで、「革本来の魅力を知ってもらいたい」そんな思いからです。あらかじめご理解いただけますようお願いいたします。

02_値段.png
ボタン.png

- 販売者 -

株式会社バンビ

〒110-0016

本社(東京店)

東京都台東区台東4-32-1

https://www.bambi.jp